効果が分かれるのはなぜ? サプリメントの誤解に迫る|変形性膝関節症コラム

効果が分かれるのはなぜ? サプリメントの誤解に迫る

つらいひざの痛みを、サプリメントの摂取で予防・改善できたら……。ドラッグストアや通信販売などでひざ関節向けのサプリメントは数多く販売されていますが、上手く使えているでしょうか? 過去のコラムも振り返りながら、ひざ痛のサプリメントの利用方法についておさらいしましょう。

サプリメントは数あれど……その実力とは?

サプリメント、アレルギー、食品

ひざの痛みの改善にサプリメントが良さそうだけれど、効いているかどうかがわからない、という悩みをよく聞きます。サプリメントの成分としては、グルコサミンコイドロイチンなどが代表的ですが、「ひざの痛みにサプリメントって効くの?」で触れたように、実は医学的には軟骨が再生されるような効果は証明されていません。一方でひざの痛みが楽になったという人もいるので、一概に効かないとも言いきれず、やはり“効果は個人差によるところが大きい”と認識しておく方がよいでしょう

グルコサミンは医薬品? 国で異なるサプリの位置付け

日本では、サプリメントは「健康補助食品」や「栄養補助食品」として販売されているため、効果・効能に関して医薬品のように治験を行い、実証する義務がありません。ただ「ひざの痛みにグルコサミン! サプリ選びの注意点とは?」で触れたように、ヨーロッパでは医薬品として認められているケースも。このように、国による認証の違いも関連するため、効果の有無の判断を一層複雑にしている要因のひとつと言えます。

“効かない”のはサプリメントへの誤解が原因?

サプリメント、ひざ痛、関節痛

サプリメント摂取の効果に個人差が出るのは、利用の仕方に問題がある場合も考えられます。「不必要な過剰摂取」「期間が短すぎる」と、“効かない”どころかトラブルを引き起こす可能性も。ありがちな誤解点を確認していきましょう。

使い方で副作用も!? 過剰摂取はトラブルのもと

良かれと思ってサプリメントを摂取しても、使い方が間違っていてはトラブルを招いてしまいます。たとえばグルコサミンコイドロイチンを過剰摂取すると、吐き気、下痢、胸焼け、胃痛などの症状が出る可能性が。また、ひざが健康な人がグルコサミンを過剰に取り過ぎると、関節軟骨の再生能力がかえって衰えてしまう恐れもあるようです。

グルコサミン摂取によるアレルギーは?

サプリメント、食品

一般的な安全性が確認されているとは言え、グルコサミンはエビやカニに含まれるキチン質が原料なため、甲殻類アレルギーの強い人は注意が必要。この場合は、トウモロコシ(コーン)から抽出されたグルコサミンもあるので、そちらを選ぶのも手です。これらのことからも、自己判断での大量摂取や多種類の同時摂取は避け、医師などの専門家に一度相談したほうが良いと言えるでしょう。

効果のほどは1年後? 骨強化は長期スパンで

サプリメントの摂取期間が短かすぎ、ひざ痛改善効果の有無を判断するまで至らないケースも実は多いのです。成長期はもちろん、成長後も骨は一定のサイクルで吸収と形成を繰り返し、新陳代謝を行っています。1つの骨が全く新しい骨に変わるのには3~4ヵ月全身では約3年かかると言われています。何年もサプリの効果の有無を待ち続けるのは難しいので、1年程度摂取を続け、病院などで骨密度を測定し、改善傾向があるか確認することをおすすめします。

知恵まとめ
  • サプリメントの効果は医学的には証明されていない
  • 不必要なサプリは効果がないばかりか、思わぬ副作用が出る可能性もある
  • 骨の新陳代謝サイクルを知り、1年ほどの摂取を目途に経過チェックをすると良い
関連するキーワード

おすすめ関連記事