ひざの痛みにグルコサミン! サプリ選びの注意点とは?

ひざの痛みにグルコサミン! サプリ選びの注意点とは?

すり減ってしまった関節の再生に有効とされるグルコサミン。現在、薬局などに行くとグルコサミンのサプリメントが何種類も溢れています。でも、あまりに種類が多すぎて、何を購入の判断材料にすればいいのかわからない! そんなあなたのために、グルコサミンを選ぶ際のポイントをまとめてみました。

ヨーロッパでは医薬品

グルコサミン ひざ そもそもグルコサミンとは、エビの殻や蟹の甲羅などに含まれる、アミノ糖と呼ばれる物質のこと。この物質は、関節の痛みを和らげたり、動きを滑らかにするという成分として期待されています。実際にヨーロッパでは30年も前から変形性膝関節症に効果があるのでは?と臨床試験も数多く行われ、現在では医師によって投与されるれっきとした医薬品として認められているのです。

海外と日本での評価が異なるグルコサミン

このように、海外では高い評価を受けているグルコサミンですが、残念ながら日本では医薬品としては認められていません。その理由として、日本ではまだグルコサミンが有効であるというデータが乏しく、製薬会社がそれを実証するには何年の歳月と多額の費用がかかってしまうというオトナの事情(!)もあるようです。

グルコサミンのサプリを選ぶ際の押さえるべきポイント

グルコサミンの上手な選び方を簡単に三つの視点からレクチャーします!

1 サプリ内のグルコサミン含有量をチェック!

ひざ サプリ ポイント 市場に出回っているグルコサミンを選ぶ上で気をつけたいのが、グルコサミンがどのぐらい含まれているかです。一日あたりのグルコサミン摂取の目安は1500mg以上必要とされています。含有量が商品にきちんと記載されているかをチェックして、1500mg以上入っているものを選びましょう。また、エビやカニを食べてアレルギーを起こしたことがあるという方は、グルコサミンの原料欄を見てください。「植物性」と書かれている商品は、トウモロコシなどを原料にしているので、甲殻アレルギーの人にも安心です。

2 コンドロイチンが一緒に配合されたサプリで効果アップ!

グルコサミンと一緒に含まれる成分もチェックしましょう。コンドロイチン(800~1200mgが理想)は、グルコサミンと一緒に摂取することで相乗効果が期待できます。グルコサミンが軟骨の再生に効果があるのに対して、コンドロイチンは、グルコサミンによって再生された軟骨の水分を保持するなどの役割があり、その機能の維持に役立ってくれます。どちらも関節部分に効果的に作用する成分ですので、併用することで関節痛により良い効果をもたらしてくれるのです。

3 崩壊試験の結果を公表しているか

ひざ サプリ 検査 サプリを選ぶときに重要なポイントは、崩壊試験を行っているかです。崩壊試験とは、胃で錠剤がちゃんと溶けるかという試験。当然ながら、胃でサプリが溶けないと体にも吸収できません…。国民生活センターでは、グルコサミンのサプリについて「健康食品は、錠剤やカプセルが胃の中で溶けにくいものがあるなど、品質上も問題があった」と消費者に対してアドバイスを行っています。大手の会社などは体内への吸収性にこだわり崩壊試験を行ってその結果を商品のホームページなどで公表しているところもあります。厳格な崩壊試験をクリアした会社のサプリを使うのが安心ですね!

知恵まとめ
  • ヨーロッパなどではグルコサミンも医薬品として認められている
  • グルコサミンを選ぶときはの含有量や原料をチェック
  • 体内への吸収の試験を行っている会社のサプリを使おう
関連するキーワード

おすすめ関連記事