ひざの痛みに処方される内服薬や座薬の注意点|変形性膝関節症コラム

ひざの痛みに処方される内服薬や座薬の注意点

ひざに痛みを感じて病院に行ったのはいいけれど、処方された薬にはどんな効能や特徴があるのでしょうか。そして、気になる副作用は…!? 今回はひざの痛みに関する処方薬についてフラットな立場から、レクチャーします。

外用薬と併用すると鎮痛効果がアップ!

ひざ 痛み 薬 ひざの痛みを抑えるために、病院で処方されるのは、外用薬と内服薬で、おそらく併用して処方されるパターンが多いのではないでしょうか。外用薬とは、お馴染みのシップや軟膏などの塗り薬タイプの薬のこと。外用薬は、患部に張ったり塗ったりするだけなので、手軽で簡単、長時間使用しても副作用が少ないのがメリットです。その反面、痛みを抑える効果はちょっと乏しいという欠点も……。そこで外用薬と一緒に処方されることが多いのが、いわゆる内服薬と呼ばれる飲み薬。ひざの痛みに対しては、「非ステロイド系抗炎症薬」と呼ばれる飲み薬が処方されることが一般的です。

非ステロイド系抗炎症薬は鎮痛効果が高い反面、副作用にも注意!

非ステロイド系抵炎症薬には、炎症を抑えて、関節の痛みや腫れなどの症状を和らげるという役割があります。この非ステロイド系抵炎症薬は、鎮痛効果が高いのが一番のメリット。その反面、人によっては食欲不振や胸やけが起こることも…。胃炎や胃潰瘍といった副作用が出る可能性があるのがデメリットです。

副作用の少ない薬、COX-2(コックスツー)選択的阻害薬って知ってた?

関節痛 副作用 最近では非ステロイド系抗炎症薬の中でも、こういった副作用の少ないCOX-2(コックスツー)選択的阻害薬という薬が開発され、使用されています。掛かりつけのお医者さんと症状や副作用についてよく話し合って自分に合った薬を処方してもらうといいでしょう。これらの非ステロイド系抵炎症薬は痛みにはとても効果を発揮しますが、痛みを抑えるための、あくまで一時的なもの。関節の変形そのものを治すわけではないということは知っておいたほうが良いでしょう。

座薬が使えない人もいる!? 座薬の特徴とは?

ひざ 痛み 相談 座薬は肛門から挿入して使うため、薬の成分が腸から直接吸収されるので、痛みに早く効いてくれるのが嬉しいポイント。内服薬の場合、体が薬の成分を吸収するまで、時間をどうしてもロスしてしまいます。その点、座薬は一般的に効果が現れるまで10~30分程度。つらいひざの痛みに、すぐに効果を発揮してくれるのが、座薬の特徴です。ただし、痔を持っている人や腸に病気を持っている人は使えないという短所も……。また、座薬そのものの感触に違和感があるという人も実は多いのでは!? それでも痛みに対する即効性という点では、ピカイチの座薬。膝の痛みで病院に行ったときには選択肢になります。医師に相談してみましょう。

知恵まとめ
  • 外用薬は手軽な反面、鎮痛効果も低い
  • 副作用の少ない飲み薬もあるので、医師とよく話し合って
  • 座薬は効果が高い反面、使えない人もいる
関連するキーワード

おすすめ関連記事