ひざの痛みの救世主 「PRP血小板療法」の即効性と懸念点|変形性膝関節症コラム

ひざの痛みの救世主 「PRP血小板療法」の即効性と懸念点

従来行われてきた、ステロイド注射にとってかわる新治療法、それが「PRP血小板療法」です。ひざの痛みに悩む方にとって、副作用もなく安全、かつ即効性のある方法として注目を集めています。そのメリットと懸念点を知っておきましょう。

PRP血小板療法について知っておきたいこと

自分の血液の中から、治癒力のある血小板などを濃縮した液体を注入するPRP血小板療法は、今、スポーツ選手をはじめとして、多くの人に利用されはじめている新しい治療法です。ひざやひじ、アキレス腱などの損傷に利用されています。このPRP治療を受ける際には、メリットと懸念点の両方を知っておくのをおすすめします。

PRP治療のメリット~即効性がある

PRP治療

PRP治療は、自分の血液の中に含まれる血小板などによって、損傷した組織をすばやく修復させることができるというメリットがあります。血液が持つ再生力で、ひざの中で傷ついた軟骨が修復され、ひざがしっかりと丈夫な状態に戻り、効果も半永久的に長く続くのも大きなメリットです。このことから、海外では野球選手やプロゴルファーなどに愛用されています。

アレルギー反応などの副作用がない

注射で何かを注入するというと、どうしてもアレルギー反応などの副作用が心配になりますが、PRP治療の場合、自分の血液から抽出した血小板の濃縮液を使用するため、アレルギーの心配もなく安心です。行うのは採血と注射のみで済むのもメリットといえるでしょう。

PRP治療の懸念点~痛みがある

ひざ関節痛

メリットが豊富にある画期的な方法であるPRP治療には、懸念点もあります。それは、治療後、強く痛むという点です。これは、自己修復の際の、避けられない反応の一つだといわれています。治療の過程において、痛みを起こす物質も出てしまうのです。痛みは、PRP治療の注射を行った翌日にピークに達し、その後は徐々に痛みが和らいでいきます。 この痛みに対しては、安静にし過ぎず、トレーニングを行うことが大切だといわれています。

注入後のことを医師に確認しておく

PRP治療を受ける場合には、あらかじめその多くのメリットを知っておくだけでなく、治療を受けた後の痛みについてもよく知っておく必要があります。治療を受ける前に、医師に確認することをおすすめします。

知恵まとめ
  • PRP血小板療法は、即効性があり永久的に効果が続く
  • アレルギー反応が起きないというメリットもある
  • 注射後、痛みが出るのは避けられないことが懸念点
関連するキーワード

おすすめ関連記事